モンキータンク塗装 AKIRA金田SPでネオ旧車感を出してくれ!【4Lモンキーレストア日記⑮】

スポンサーリンク
モンキー125 バイク

doも!kenです。

皆さまイカがお過ごしでしょうか?

 

この4Lモンキーレストアシリーズも
いよいよ、終盤です。

今回は、ポポグリーンだったモンキーの
イメチェンにチャレンジしたいと思います。

 

前回、友人Yからもらった
超長期放置エンジンを分解して
メンテナンスしたらバルス級に臭かった・・・

これはヤバかったね~~
臭すぎてオワタ感満載でしたね・・・

 

まぁ、なんやかんやでエンジンかかったんで
結果オーライでしょ!

 

だいたいの感じですべてが
流動的に進んでいく~フェバサタです。

 

今回もよろしくお願いしまっしゅ。

それでは、フェバサタの
はじまりはじまり~~~~

 

スポンサーリンク

イメチェンしたい

4Lモンキーレストア

当時、中華タンクを購入し、なぜか
キャルポップな感じにしたかったので
『DEUS』のステッカーを貼って満足していた。

 

『DEUS』とは
モーターサイクルとサーフカルチャーを
基盤としているオーストラリアの新鋭ブランドなのだ!

 

しかも、空母のような色にしたくて
ライトグレーでタンクを塗装したのに
出来上がったのは、WHY?ホワイト?

 

なんやねん。
キャルでポップなアメリカンカルチャーを
目指していたのに・・・
DEUSはオーストラリアやし・・・・

 

完全なまでのエリアミス・・・

 

ステップのラバーをチンチロにするか?
いやいや、クリアのサイコロにするか?

 

 

う~~~ん、なんか違う。

 

私が思っていた、レストアとは
ちがう。

なんというか旧車感がないのだ!

 

もっとこう、旧車感が欲しい。
というか、もともと旧車なのだが・・・

 

もっと、もっと・・・古めかしく渋いような

いぶし銀的な、なにかが。

 

そもそも、コンセプトが
純正風なんで、当時パーツで
ほとんど組んでいる。

 

エンジンこそ、12V AB27に換装してるが
これもなんか嫌になってきている・・・

 

6Vに戻そうかな・・・

6Vのジェネカバーが渋くね?
6Vのほうがバルブでかくね?
ポイント調整かっこよくね?
7.2V改とかいってみたくね?

 

いや、まずは、タンクだ!
くすんだ感が欲しい、くすみが欲しい。

・・・・

 

・・・・

 

なんだ?くすみって?????

 

SK-Ⅱで磨くか?桃井かおりさん・・・
それではさらにくすみが消えてしまう。

 

ええ~~~い、タンクの色だな、
これさえどうにかすれば、
激的に変化するはずだ~~~~

 

て、アンチョクな考えで
タンクぬりぬりしま~~~す。

※久々の記事執筆でなんか雑だなっっ・・・

 

タンクを何色にするか?

塗装すると言えば色を決めなければならない。

 

はっきり言って、『青ラメ』一択!
キャンディーブルーだろ!

 

ホンダの旧車っていったら
青ラメだな

ブルーに塗装した瞬間、
嫁の化粧品からラメフレークを
チャってきてふりかけてやるぜ!

 

 

これでネオ旧車感をだすぜ!

 

『ネオ?』

 

『根尾?』大阪桐蔭???

 

いやいや『ネオ東京?』

 

 

はっ!!

・・・

・・

 

※このネオ東京というフレーズで
私の頭に数十年前の記憶が呼び覚まされた。

AKIRA

時は、1988年その映画は公開された。

 

約、31年前に2019年の東京オリンピックを
予言していた衝撃作品。

AKIRA

 

若い世代のみなさんも
一度は古本屋で、見たことあるだろう
あのデカい単行本で
紙の色がキチ〇イな本をww

 

その劇中に登場するバイク、
金田の乗るバイクこそが、
『金田スペシャル』

出典 AKIRA

 

 

 

 

 

金田(ピーキー過ぎて、お前には無理だよ)

そう、昔ピーキーの意味がわからんかった
俺には無理なバイク。

 

金田スペシャルのスペック

スペックはうる覚えだが、
こんな感じだった・・・・とおもう。

スペック
駆動形式は常温超伝導モーター
最大電圧 12000V
ホイールベース 2194mm
最高時速 243km
バック付き(モーターなんで・・)

このバイク見たときにヤバかったね。

 

ken少年

当時、小学生だった私は、
台所からと、友達ん家から
『中華鍋』
2つ借りてきてチャリの
フロントタイヤにくっつけたもんね!

 

しかも、画用紙に『成田山』って書いて
貼ってさ~~~

コレをフロントに付けてこうして

出典 AKIRA

でね、針金でくっつけただけの
取れそうな中華鍋つけたチャリで
団地内を爆走すんのさ、キメ台詞吐きながら。

 

鉄雄『金田っーーー(# ゚Д゚)』

金田『さん、を付けろよ、デコスケ野郎っー(# ゚Д゚)』

 

だいたい、一人で二役やってる時点で
ヤバいやつだよね~~

 

今の私であればナレッジ&テクノロジー
さらには、縛才を駆使し、
フォルツァやCPXで金田SPをビルドできるのだが・・・

 

 

で、なんの話でしたっけ???

毎回脱線しすぎて、忘れてしまう。

 

タンクカラーの決定

お、そうだそうだ、キャンディーブルーだ。

でもさ、金田SP思い出したら、
金田SPのバイクの色ってなんか
くすんだ赤って感じですごくよくないですか?

 

的な!

 

感じで!

 

自問自答すること99回

 

私が出したソリューションは、

こちら

『金田色に塗装するぞ!』

パッと見、金色に塗装に見えるwww

 

 

で、またまた、フェバサタご用達の
『ナッフス』へ!
※ナフコね、ホムセンの!

ナッフスに関する記事

 

塗装スプレーはコレだろ!

で、購入したのが
バイク塗装スプレー

フェバサタカスタムでよく使う
カンペパピオのシリコンラッカースプレー

 

これがまた、ガソリンに強いのさ!

 

やっと塗装

シリコンラッカースプレーの
赤とグレーとクリア買ってから
なるべく金田スペシャルに近づけるように
色を調整して、

決して、タンクが宙に浮いている画像では
ありません!

 

急遽だったもんで、塗装スタンドセットを
出すのがめんどくさかったんです。

 

だから、チャリと紅葉の木に
角材通して、針金でぶら下げて
簡易ナチュラル塗装オープンブースの完成です。
(※ブースとは間仕切り・個室)

 

相変わらず、サンサンな太陽の元塗装をしていきます。

バイクの塗装はコチラを参考に!

 

ぷしゅ~~ぷしゅ~~

サフェの上からグレー薄く塗って、乾かして~~

うっすらと赤をのせる~~~と
最初はライトグレー風なホワイトだった
タンクが次第にピンクっぽくなってきた。

およ、ピンクになるなよーー、っって思って
グレーを追加で1コート

そこから、一気に赤を10コートぐらい吹いた!

 

すると、どうでしょう!
なんと、赤タンクに!

 

赤吹いてんだから、
当たり前だろ!

 

って、おもうじゃーん

一時ピンクだったのよ!

 

ここから、くすませていくのさ~~~

くすみ感を出すために

赤が完全に乾燥したら、
もう一度、捨て赤を軽く吹く。

 

すかさず、上から、同じ溶剤の
シリコンラッカークリアを拭くことで、
クリアと赤が溶け合い・そして混じり合い。
絶妙なくすみ感をうむのだ!

 

 

あの、よくあるクリアの艶ムラとは
違うからね!

それでは、ビフォーアフターをどうぞ!

 

ビフォーアフター

ドドン

4Lモンキーレストア

このいで立ち、オーストラリアの白い砂浜を
思い出さんとばかりの、ライトサンドグレー風な
サンドホワイトなタンク!

 

中央には、『デウス・エクス・マキナ』
ステッカーデカール

『ハヤク・ウチニ・カエリナ』
言ってみたかっただけのフレーズ

 

そして、インスピレーションを
受けたのは、AKIRA

 

 

『金田スペシャル』

『くすんだ

出典 AKIRA

カンペパピオの絶妙な配合と
レシピで出来上がった!

 

 

じゃん!

 

 

 

 

???

・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・

 

・・・・・

 

・・

 

 

 

じゃなくて

monkey125

どうだ!
完璧なまでのくすんだ赤感、
しゅう色とは少しだけ違う、くすんだ赤!

あとは、フロントとリアに
中華鍋を・・・

・・・・

 

 

あほくさ・・・

 

おしまい!

 

 

さて、今回もラストまで読んで頂き
ありがとうございます。

 

これもあたたかい読者様あってのことであります、
ここに御礼を申し上げたい。

あざっす!

今後とも、よろしくお願い致します。

 

それではまた!

Favorite-Saturday
フェバサタはあなたの趣味を
応援します!

 

コメント