新型ジムニーインテリア JB64内装をどこよりもtekitoに紹介してくれ!てか、めちゃ広っ!からの大どんでん返し。

スポンサーリンク
ジムニーインテリアフルフラット どうでもよい話
ジムニーインテリア

どうも~~~~
自称ジムニストの ken です!

 

JA11 JB23と乗り継いでいる
私の元についに、
『新型ジムニーJB64』がやってきたのだ。
※JB23の車検の代車として(-。-)y

 

そこで、乗り出して1時間未満
JB64ヴァージンの私が
インテリアの写真を大量に撮ったので
皆さんにジムニー内装をtekitoに紹介しようと思う!

 

注)個人的妄想がちらほらします・・・奇文だらけです。

最後には、超真面目な話をするよ♪
ラストまで読めるかな???

JB64

JB64

う~~~ん、
ジオランダーのMTが渋いっ!

外観、JA11とJA22の融合みたいっ‼

 

んじゃ、フェバサタの
はじまりはじまり~~~

 

スポンサーリンク

新型ジムニーインテリア

助手席側ドア

まず、助手席側のドアを開けると
『汚ね~~~』は代車なので置いておき
『めちゃ、広ろ~~~てか、広っ』が第一印象だ!

 

車高の高さのわりに
ドア開口部がかならの大口なので
乗り込みがしやすい、ステップも低く感じる!

ハンドル周りインテリア

JB64ハンドル

秀逸だ!とても秀逸すぎる!

JA11を彷彿とさせる、
黒文字盤にオレンジインジ。
アウディっぽくて好き。

てか、ホコリすごいな、
ハンドモップもって来るべきだった…

 

 

で、

センターに鎮座するのは
インフォテイメントディスプレイ!
まるで、インデペンデンスディ!

男前だ!いやおうなく男前!

 

レンジ・燃費・平均車速・航続可能距離が
一瞬にして認識できてしまうインフォ感!

インフォメンタルディスプレイ

インフォメンタルディスプレイ

 


はたまた、

裏コンボを入力すれば
(シフト←↙↓+ハザード・trip同時押し)
バイタルスコア・体脂肪率・残寿命
日経平均・ドル円・忘却曲線
などが
表示できてしまいそうな、このスケーラビリティ感!

 

非常に男前でありセンセーショナル。

 

インパネ内装全体

JB64内装

ジムニー内装

インパネ全体を見ても、非常にすっきり
纏まっているね。内装の各所に見られるギミックの
六角ソケットボルト…多分M8ぐらいかな
このギミックが男心をくすぐる。

 

ドアパネルがすっきり

うーん、しかし広く感じる・・・
運転席に座った感じも・・・

現在、JB23に乗っている私が
ここまで、言うのだから間違いなく広い。
ひろいのだろう・・・

 

写真をガシガシ撮っていたら、
暑くなってきた、本日は天気もよい。

ウィンドウを開けて、風を!

 

おや?
あれっれ????

ウィンドウスイッチがない・・・

ジムニーウィンドウスイッチ

ウィンドウスイッチがない

この、ドアパネルにいるはずのあいつが・・・

助手席側にもない・・・

 

そうか、スイッチ類をなくすことによって
室内空間を広げていたのか~~

シンプルな内装がいいな~~

やるなスズキさん

大切な物は失ってみて初めて気づくもの
いつも、そばにいて空気のような存在となり
いつしか、追われていたつもりが
実は、追っていたことに気づく・・・

 

あ~~~

暑さで頭がぼぅ~としてきた
このまま脱水症状で逝くのか~~~

 

判断力などあろうはずもなく
ドア自体を開けることすらおっくう
もう、窓を突き破って新鮮な空気を
取り込もう。

 

代車借りて小一時間で窓を破壊する
ドッキュンなヤツと車屋さんに思われても
仕方ない・・・

もともと、そんな男だ俺は。

 

落胆のため息とこぶしを握り締め、
覚悟を決めて、前腕・広背筋・僧帽筋を
Dレンジにいれ、ロスZEROだ、ロスZEROで
関節連動させ滑らかにしてかつ大胆な
トルキーなこぶしを繰り出すのだ。

 

LIKE ぁ 花山薫yoho^

 


窓を見つめたその時!

 

おや・・・

ジムニー新型ウィンドウスイッチ場所

ジムニーウィンドウスイッチ

 

まさか、

 

ジムニーセンタースイッチ

センタースイッチ

目を転ずれば、

 

おった!
ここに、おったぞ!

センタースイッチかよ、
BMWminiみたいだ。

 

ヒルディコントロールと
トラクションコントロール
一緒におる!

 

シフト前の小物置きもJB23ゆずりで
採用されているみたいだ。

危なく、
窓割って空気取り込むところだったぜい。

その他スイッチ類

・衝突軽減・斜線逸脱警報機能 他はOP
・ライトレベライザー
・スターター・ミラー調整は
ハンドル右下

その下部には、ビルドインETCと
ボンネットOPレリーズ

サイドブレーキサイドには
シートヒータースイッチが
アイコンが上下逆のような気がする・・・

 

 

インテリア収納

JB23でなくなっていた
グリッパーがJB64で復活していたぞ!

これ、なにげに子供載せた時に
重宝するんだよね!(悪路行くなら必須)

ジムニーグローブボックス

グローブ内

てか、ホコリおおいね。

グローブボックス内、こんなもんでしょ!
車検証とエリエールが一箱入ればヨシ!

センターのジュースホルダー
でも、これってリア用なんだよね。

なぜなら、リアのジュースホルダーが
なくなっているから・・・

う===ん残念!

リア積載 収納

ヒンジカバー

ヒンジカバー

リアゲートのヒンジカバーがなかなかヨイ!
ja11なんて、ヒンジがサビで腐って腐って・・・
この気配りがイイ!

 

 

リアゲート内装

リアゲートOP

リアゲートをOPしたところ
でっかい口が開いた。

収納は、ほとんどできないね( ;∀;)

私がこのスペースに積むなら

・バッテリージャンパー一式
・焚き火台(モチ、UNI一択)
・ビーンブーツ

これぐらいで十分!サバイブできる!

 

リアシガーソケット

リアシガーソケット

これがさらにうれしい”!

感激!
リアのシガソケってうれしいね。

リアゲートに座る
シゲソケから取った電源で
LEDランタンとBluetoothスピーカーで
ジャズ聞きながら、OLYMPICでcoffee
ヤバいね!

 

リア下の収納

リア収納

リア下の収納も気持ちばかりだ!
そんなに入らんね!

入れて隠すなら
デラベッピン15冊ほどかな・・・
中二諸君隠すならココだ!↑↑↑

 

フルフラットモード

SRS補助拘束装置

SRS補助拘束装置

何気に、SRSが付いてる!
クロカンやってて大丈夫かね???

 

世の中、車中泊だ車中泊だというので
一応、フルフラットにしたよ!

まず、運転席側を前にズラす!
あれ、フと思ったんだけど、
ここからの乗り降りもめっちゃしやすい!

歴代ジムニーのなかで一番昇降しやすい!
のではないだろうか?
とにかく、ガバッと開いてる!
※ボキャ貧ですいません・・・

で、ヘッドレスト類を全部取っ払って
フルフラットに~~~~

新型ジムニーフルフラット

ジムニーフルフラット 車中泊

どうだ!
この広さ!

車中泊も楽勝だろ!

めちゃくちゃ広い!

ジムニーインテリアフルフラット

ジムニーインテリア

どのくらいの容量かというと
わからんが、とにかく広い!
広大という言葉が似合う!

 

昔、幼少のころおばあちゃんの
家に行った時のことを思い出す。

 

広大な玄関、多分、2エーカーぐらい
仏間といえば、自分が小さかったので
少なく見積もっても、
仏間は3ヘクタールほどの広さがあったと
記憶している。

 

 

トイレなんて、ポットン式で
夜なんて・・・
妖怪と蜘蛛の巣窟だ!
とても怖かった、トイレ行くぐらいなら
漏らしたほうがマシ!

 

追い打ちをかけるように
夜のおばあちゃんの動きが怖い・・・
作動油切れのASIMOのような動き・・・

あ~~怖い・・・

ん??なんの話でしたっけ???

 

あ、フルフラットの広さだ!
う~~、車中泊楽勝だよ、うんうん、
間違いなく、一家4人で寝れるかも??
まして、一人ならマンスリー解約して
ここでイケるかも・・・

嘘です!!!

でもね、歴代ジムニー史上最高は本当!
とても広くていい。

 

一人ならEVAフォーム敷けば
ぐっすり寝られる。これはホント。
フロント側はシートの段差があるので
リア側を頭にすると、シガソケもあるので
非常にモバイリティティな快適ライフが
送れると思う。

 

その他

トランスファー

トランスファーレバー

トランスファーレバーが
ボタン式からレバーに戻っていたのは
よかった!

 

リアシート広さ

リアシート広さ

リアシートに座ってみたが広さも
まったく問題ない!
ある程度、助手席を下げて乗っても
こぶし1個半は空いてる。

リアシートベルトリマインダー

残照式ルームランプとリアシートベルトリマインダー

残照式のルームランプが搭載されてる。
ホワ―ーーっと消えていくのがありがたいね!

あと、ルームランプの奥にみえるのが
リアシートベルトリマインダー

これも子供後ろに乗せてると
ありがたいね!

贅沢装備が満載だった。

 

ちょいとピリ辛評価!

これから、記すものはあくまでも
私個人の所感だ!
結果的にJB23の部品調達に時間がかかり
約2週間ほど新型ジムニーを堪能した所感だ!

少し長いが、購入を検討している人は
必須だから少々付き合っていただきたい。

贅沢装備多=男気少

筆者はタフ・無骨がめっぽう好物だ!

特殊部隊 G◎G-9 SW◎Tなど
アーカム財団なんてヤッホー好きだ!

初めて買ったデジカメも
オリンパスのTOUGH
防塵・防水・耐衝撃

時計はG-shockから
SEIKOダイバース

便利機能よりも先にTOUGHか否か
私の中では重要なのだ!

 

「いざという時」

今まで生きてきて、いざという時なんて
正直一度も来たことなどない。

しかし、男たるものいつも
「いざ」に備えておくことが好きな
生き物なのだ!

 

そこでだ、JA11・JB23とジムニーを
乗り継いでいる私から見て
今回の新型ジムニーは少し異質に感じる。

 

メーカーとしては、売れてなんぼ!
かは知らないが、万人ウケするように造る
それがゆえに、デジタルチックになり
ユーザビリティを追えば追うほど
無骨・TOUGHから離れて行ってしまうように
感じる。

 

 

JA11などがよく川を渡ったり
泥水の中をエンジンルームまで
水没した状態で走って、その後
何ごともなかったように走り去る
動画をみたことがあるだろうか???

 

 

この新型ジムニーJB64でそのような
事ができるのだろうか?

 

このデジタルチックなジムニーで・・・

 

「そんなところは走らん、ごく少数派だろ!」
と言われてしまえばそれまでだが・・・

 

乗用車likeな乗り味

これまた、今回オフに行かず
ターマックオンリーの私の所感だが、
とても乗りやすかった。

 

非常に乗りやすい!
とても乗用車likeに仕上がっている。

 

しかし、それこそがまた無骨とは
乖離してしまうのだ。

 

実際JB64の走行性能を私は知らない
クルマはバージョンを上げていくにつれ
走行性能も勿論以前より良くなっているのだろう。

 

 

スゥ―と走って
リニアに上昇していく速度。

ハスラー+αか・・・

 

以前のF6AのSOHCターボの
ゴリゴリとしたトルクフィールが
懐かしい・・・

数字では表すことのできない何か・・・
失われた何か・・・

以前のジムニーの
軽トラlikeな乗り味からは
想像もできないほど快適。

それは、利便性を求め
開発を続けていく都市に酷似してる。

 

失われいく自然
それよりも求められる利便性
かく言う私もその中の一人なのだが・・・

 

それなら、『軽トラ乗れよ』
と言われてしまえばそれまでなのだが。

 

総評 こういう人は買うな!メリットとデメリット

結果的にすごく良いクルマになっている。

 

まず、jimnyの外観が好きで
あまり、趣味性がいらない人は買い!

 

逆に、
歴代ジムニーを乗ったことがあり
その無骨さに惚れ込んだ人は
やめておいたほうがよいだろうと思う。

 

私としてはさみしいが、
ダーウィンの言葉を借りると

「最も強い者が生き残るのではなく、
 最も賢い者が生き延びるのでもない。
 唯一、生き残ることができるのは、
 変化できる者である!」

コレを思い出した。

少々、残念だがジムニーが
ジムニーであり続けるためには
仕方がないことかなぁーと・・・

 

いろいろとピリ辛で勝手に
所感を論じたが、これは分かってほしい。

『私はジムニーが好きだ』

と、言うことを!!!

 

 

 

最後までご覧頂き
ホントにありがとうございました。

 

他のジムニー記事が気になる
奇特なお方はタブのジムニーを
押してから記事を探してみてくださいね~~

 

 

それではまた!

 

Favorite-Saturday
フェバサタはあなたの趣味を
応援します!

コメント